calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

ドクター森田を支えてきたもの、  それは人並みはずれた「集中力」。   その秘密を徹底解剖!!

「やる!」と決めたことが必ず続く24の法則

森田敏宏 プロフィール写真

profilephoto

ドクター森田のTwitterはこちら

森田敏宏公式Facebookページはこちら

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.08.30 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

中国訪問 3

 前回の続きです。

午後から糖尿病の病棟を見学しました。

日本同様、中国でも糖尿病の患者さんは増えているそうです。


なぜか、ナースステーションにちょうちんが!?


糖尿病食の見本が廊下に。

昔の日本の食堂を思い出します。


一番右にいるのが、師長さん。
中央から左側にいる白衣の女性はみなドクターです。

糖尿病科のドクターは男性は一人だけで、あとはみな女性だそうです。


廊下に、ドクターとナースの顔写真が貼られています。


再び師長さん。

すごく優秀な方で、英語もペラペラです。


王主任教授の部屋で記念写真。

一番左が王先生です。


そして、夜は最後の晩餐。


この日もおいしい中華をいただきました。


2年前に中国を訪れた時は、中国語が全くわかりませんでした。

今回は、半年ほど前から中国語を勉強していた効果もあり、ところどころ
聞き取ることができました。

実は、エバーノートを活用した新しい勉強法を考えたので、
どのくらい効果があるか、中国語で試していました。

くわしいやり方は、また解説します。

中国訪問2

 翌日は、佐藤先生の吉林大学客員教授就任記念式典でした。




まずは、佐藤先生の講演



私も、加圧トレーニングの最近の研究について
発表しました。



吉林大学学長から、記念品が贈呈されました。



記念撮影。

佐藤先生、隣がデカ過ぎてすいません(笑)



お昼も高級中華で、もてなしていただきました。



これはなにかわかりますか?

これは、なんとカエルです。

「養殖だから大丈夫、栄養満点!!」と言われましたが、

私は遠慮しておきました。








中国訪問

 佐藤先生と一緒に中国は長春へ行ってきました。


今回の訪問の目的は、共同研究の打ち合わせと、
佐藤先生の客員教授就任記念式典

日曜日の夕方に中国に入り、月曜日は、吉林大学の附属病院へ
午前はまず病院見学


この巨大なカプセルは、中国製の高圧酸素装置


中に、患者さんだけでなく、家族も一緒に入れてしまう。


午後からは、共同研究の打ち合わせ。


リハビリ科の主任教授の宇先生から、佐藤先生へ記念品の贈呈


そして、夜は高級中華料理店へ


佐藤先生の隣は馬院長

美味しい中華料理をいただいた。


加圧による脳の活性化は何日続くか?

 加圧トレーニング学会で、
認知症の人に加圧をやって有効だったいう
報告がありました。

そのうちの1例は、
週1回加圧に通っていて、
加圧をしたあとは調子がよくなるが、
3日経つともとに戻ったそうです。

しかし、繰り返している内に徐々に
改善してきたそうです。

病気の人ほど反応が敏感なので、
何か理由があるのでしょう。

グラフにするとこんな感じになります。

      ↓


心臓の筋肉をわざと酸素不足の状態にすると、
耐性ができて、酸素不足に強くなります。

しかし、動物実験では、その効果はやはり3日
くらいするとなくなるそうです。

同じような影響が加圧でも起きているのでしょう。

メカニズムを解明するのは、なかなか
難しいですが。

昔、普通の筋トレをしていたころも、
トレーニングをして2日くらいは
「調子がいい」感じがありました。

おそらく、他のトレーニングやマラソンにも同じような効果が
あり、加圧では特にそれが強いのではないかと、
推測されます。

やはり、運動はコンスタントにした方がいい
ということは、間違いなさそうです。








加圧トレーニング学会開催

 第7回 日本加圧トレーニング学会が開催された。



予想をはるかに上回る参加人数。

なんと700名を優に超えてしまった。

今までは、安田講堂の1階席だけで
足りていたが、今回はついに
2階席まで使用することに。

加圧がますます広がりつつあるのを
実感した。

懇親会も大勢の参加者で賑わった。




1月に好評だった極真空手の演武



間近で見るのはなかなかの迫力。



ますます、広がる加圧トレーニング。

早く医療現場に普及するよう、
今後も頑張っていきたい




フィットネスの帝王死す

アメリカで「フィットネスのゴッドファーザー」と
呼ばれた男、ジャック・ラレイン氏が亡くなった。
享年96歳。

同氏は1914年生まれ。

1936年、21歳の時にアメリカで初めてのフィットネスジムを
オープンんさせた。
これが現在のフィットネスジムの元になっているという。

レッグ・エクステンションマシーンなど、
数々のトレーニングマシーンも
発明している。

氏のモットーは
「アメリカを救うのは、食事と運動の文化だ」というものだった。

ボディビルダーとしても一流だった氏は、54歳のときに
非公式の大会ではあるが、
当時21歳のアーノルド・シュワルツェネッガーを
打ち負かし
「ジャック・ラレーンは人間じゃない。動物だ」
と言わしめたという。

 ↓のビデオを見ただけでも、かなりすごい人だったことが
よくわかる。





こんなすごい人がいたのに、
アメリカの食文化は、どうして悲惨なものに
なってしまったのだろうか。


天国に行っても、ラレイン氏には
まだまだ頑張っていただく必要が
ありそうだ。







ついに発売 加圧するめダイエット

拙著 加圧するめダイエットがついに発売






単なるお手軽ダイエット本ではなく、

加圧トレーニングを応用して、

いかに健康的に、確実にダイエットするか、

その方法が書かれている。

いわば、ダイエットの教科書とも言える1冊。

ぜひご一読を。









究極の技とは、、、

 ある会合で、極真空手の演武を

間近で見ることができた。



総勢20名。

舞台が揺れんばかりの迫力。



加圧をしながらの型。

実は、極真空手は以前から、

加圧トレーニングを取り入れている。



ミットの乱打。

実際に見ていると、かなりの迫力。



板割り。

この方は、女性の世界チャンピオン。

普段着になると、まさかこんなすごい人とは思えない。

普通の感じ。



ブロック割り。

これもすごい。

この人とは、絶対ケンカできない(笑)。


瓦や板がうまく割れる時というのは、

ほとんど衝撃を感じないそうだ。

その一点に、全神経が集中し、

力も集中するのだろう。

どんな分野でもそうだが、このような境地は、

到達したものにしかわからない。

演武のあとで、いろいろ話を聞いたが、

とても勉強になった。





自宅で胸板を厚くする

自宅でできる、ちょっとハードな胸の筋肉のトレーニングです。

必要なのはタオルだけ。
 
あとは、床は滑りがいいほうがベターです。



胸板を厚くしたい方は、お試しください。

http://www.bing.com/videos/watch/video/upper-body-towel-workout/1l0mnn577?rel=msn&src=v5:share:v5:share:permalink&from=sharepermalink-v5:share:permalink

ダイエットに効果抜群の加圧トレーニングジム 加圧リハビット本日オープン

 ダイエットに効果抜群の加圧トレーニングジム 加圧リハビット
が本日、新年のスタート

店長の稲川さんが、新年の抱負を、、、




新年も初日から、大盛況。



ダイエットに効果抜群の加圧トレーニングジム 加圧リハビット
は、
皆さんを元気にするために頑張っていきます。

今年もよろしくお願いします。


| 1/2PAGES | >>