calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

ドクター森田を支えてきたもの、  それは人並みはずれた「集中力」。   その秘密を徹底解剖!!

「やる!」と決めたことが必ず続く24の法則

森田敏宏 プロフィール写真

profilephoto

ドクター森田のTwitterはこちら

森田敏宏公式Facebookページはこちら

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.08.30 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

認知症にもダイエット?

 今朝のニュースから、面白い記事を紹介します。

日本もこれから、少子高齢化がますます進み、
高齢者の認知症は深刻な問題になってくると思います。

認知症の中でも一番多いのが、アルツハイマー型とよばれるものです。

アルツハイマーの予防にもやはり、運動やダイエットがいいそうです。

http://youtu.be/DUMW06YZMKc

ダイエットのやり方は、
徐々に炭水化物を減らしていくそうです。

なぜ、炭水化物を減らすといいのでしょうか。

炭水化物は血糖値が上昇しやすいため、
膵臓からインスリンがたくさん分泌されます。

そして、インスリンは脳やその他の体内の組織に炎症を引き起こす、
悪い作用をするからです。

心臓病の患者さんも認知症の患者さんも
予防法は一緒ということになります。

若い人は、まだまだ自分には関係ないと思うかも知れません。

しかし、病気は知らないうちに進行していきます。

10年から20年くらいかけて、徐々にプラークという悪い物質が
脳の中に蓄積していくのです。

また、病気を予防できるということは、
脳の働きを悪くしないということであり、
上手く行けば、脳の働きを高められるということになります。

なんとなく頭がぼーっとした状態で生き続けるのと、
冴えた頭脳で、元気に活動するのと、

どちらがいいかは、言うまでもないですね。



スポンサーサイト

  • 2011.08.30 Tuesday
  • -
  • 16:08
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック