calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

ドクター森田を支えてきたもの、  それは人並みはずれた「集中力」。   その秘密を徹底解剖!!

「やる!」と決めたことが必ず続く24の法則

森田敏宏 プロフィール写真

profilephoto

ドクター森田のTwitterはこちら

森田敏宏公式Facebookページはこちら

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.08.30 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

科学的クラウド勉強術 5 エバーノート編

 ここでは、エバーノートを活用した方法をご紹介します。
エバーノートは、あらゆる資料をスキャナーやデジカメで取り込み、
ノートとして保存できます。

まずエバーノートをダウンロードしましょう。

ダウンロードはエバーノートのHPからできます ↓

http://www.evernote.com/about/intl/jp/


次に、「ファイル  新規ノートブックを作成」で、

新しいノートブックを作ります。



このノートブックを月毎に分けます。

つまり、「1月ノートブック」「2月ノートブック」

といった感じで月毎に、ノートブックを作ります。


その日の勉強が終わったら、勉強した内容を、

エバーノートに取り込みます。

もしあなたが、教科書などを用いていれば、

それをスキャナーで取り込む必要があります。


まとまった枚数を取り込むには、

ドキュメントスキャナーが便利ですが、

数枚程度であれば、通常の複合型プリンタ−でも十分です。

ちなみに、私は富士通のScanSnap s1500を愛用しています。

http://scansnap.fujitsu.com/jp/product/s1500/


その日のノートには、作成日が記入されています。

これを見れば、最初に勉強した日がわかります。

これを起点にして、復習する日を決めていきます。

エバーノートには、タグというものがあります。

これはあとで検索するためのキーワードのようなものです。

「クリックしてタグを追加、、」というところを

クリックするとタグを入力できます。

ここに、次に勉強する日を記入します。


今日が227日で、次に勉強する日が28日なら、

タグに「28日」と記入します。



このようにして、エバーノートの中に、

月毎のノートブックと、日にちのタグをつけたノートを

どんどん入れていきます。

すると、228日に勉強する項目は「2月のノートブック」の中の、

28日」のタグがついたものを、こなしていけばいいのです。

そして、その日の勉強が終わったら、タグを一旦消去して、次に勉強するに日にちに変えます。

次は2日後に勉強するので、3月の2日になります。

したがって、タグを「2日」と入れて、

ノートを3月のノートブックに移動して完了です。

このようにして、エバーノートに取り込んでしまえば、

あとはいつでもどこでも復習することができるのです。




スポンサーサイト

  • 2011.08.30 Tuesday
  • -
  • 16:32
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック